トップページ > ブログ > 遺品整理は気持ちを整理タイミング

ブログ

遺品整理は気持ちを整理タイミング

投稿日:2015/10/27

実際に遺品整理をしたかたの感想です


祖母が亡くなり、遺品整理をしたときの話をします。
とある夏の終わりが近づいた日に突然、祖母が亡くなったことが知らされました。

悲しい気持ちを抑えながら通夜、葬儀を終えて少し落ち着いたタイミングで遺品整理をすることになりました。

量や重いものなども一部含まれていたので専門の業者に依頼することにしました。

 

量があったが1K程度の広さだったので業者からは、2人のスタッフが当日、遺品整理に来ました。こちらも気持ちの整理がまだ付いていない状態だったのでお悔やみの言葉とほかにも気を遣っていただきました。淡々と遺品整理を物音なども静かにトラブルもなく終えました。料金は相場とあまり変わらず5万円程度で済みました。
祖母が着ていた昔の着物や小物などを一部買い取ってもらい、その金額も祖母の供養に使って、遺品整理を終えました。

遺品整理は、故人との気持ちをきちんと整理をして、別れを告げるためのものだと思います。遺品整理をしながら、一つずつ手にとって、祖母の思い出を確認しながら現実を受け止めて、前に進むための気持ちを整理する貴重な時間になりました。遺品整理での良い点としては、手をつけることができない思い出の品や量が多すぎて、片付けるのに時間がかかってしまう場合は、一部業者にお願いしたほうが気持ち的にも体力的にも楽だと思います。

遺品整理の悪い点は、業者にとってスタッフの対応や遺品整理の作業が丁寧でない場合に、こちらにとって大事な品を粗末に扱われた気分になったり、どこか気持ちの整理ができずにモヤモヤしたまま終わってしまうことです。
遺品整理の業者も相場や規模、対応などに違いがあり、インターネットなどできちんと下調べをした上で依頼するといいです。どうしても自分で遺品整理を行いたい物や箇所は、事前に言っておけば手をつけずにそのままにしてくれることが多いです。
遺品整理は故人との最後の時間を過ごすタイミングでもあり、気持ちを整理して前へ進むための切り替えのタイミングでもあります。
もし、直面した時に自分が納得した形で業者に依頼するだとの選択をすることが大切です。


 

 

人生で何度も何回もおこなうことはない遺品整理です。今の時代はインターネットで口コミなどをみることも簡単にできます。参考にしてみるといいですね

 

 

 

 

遺品整理・生前整理・不用品回収のお申込み・ご相談はこちらから ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-976-212
遺品整理・生前整理・不用品回収のお申込み・ご相談はこちらから ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-976-212