トップページ > ブログ > 自分では何から手をつければ良いか・・・、という状態でした。

ブログ

自分では何から手をつければ良いか・・・、という状態でした。

投稿日:2015/11/09

実際に遺品整理をされたかたの感想です


 

独り身であった父の姉(叔母)が亡くなって、身内といえば父だけでしたので、すべて父がやるしかないような状況でした。
資産関係は生前にだいぶ整理していたようで、とりあえず目下の問題となったのは叔母の自宅でした。
売却するにしても、どうするか考えるにしても、片付けをしなくてはいけないということで母と私で叔母の自宅へ行きましたが、
独り身の叔母にはだいぶ広かった3LDKの自宅、そもそも父の実家でもある家でしたので、相当量の荷物があると言えました。
別に片付けられない人というわけでもないのです。いわゆるゴミ屋敷でもないですし、汚いものが多いわけでもないですし。
それでも、年月と共にしまわれていたたくさんのモノは、これからの私たちに必要なものはほとんどないというのが現実でした。
正直なところ、片付けるといっても時間もあまりないし、母だけではもちろん片付けは進まないしということで業者に頼むという前提で御見積り依頼です。
遺品整理の業者さんはTVなどで見ることもあるので、ある程度の金額は覚悟していましたが、最終的には親身に相談にのってくれたところに決めました。
見積金額は3社で見積、25万~40万円という値幅でした。結局のところ、金額が一番安かったところがとても対応も良かったように感じます。
個人の会社のようでしたが、当日の人手は3人を予定、作業予定は2日間、2tトラックで何回か往復するとのことでした。
事前の打ち合わせで、作業日までに必要なもの・取っておきたいものを私たちが探して回収するという流れに決定です。
発注後の打ち合わせの時に、天袋に入っている箱などをおろしてくれたり、倉庫の中のものを見やすい様にしてくれたりなどとても親身な対応でした。
最終的にはとっても綺麗になって、こんなに広かったんだ!と改めて、です。現金で精算して、なんとなく肩の荷がひとつおりたような気がしました。
実際のところ、叔母の自宅の片付けをしなきゃと言えども、いざ目の前にするとたくさんのモノに茫然としてしまった感が否めなかったので、
必要なものだけを私たちで回収すれば良いという結論にほっとしていました。


 見積もりのときの対応や仕草、言葉遣いなどで仕事がでているんですね。これから遺品整理をお考えの方、ぜひ参考にしてみてください

 

 

遺品整理・生前整理・不用品回収のお申込み・ご相談はこちらから ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-976-212
遺品整理・生前整理・不用品回収のお申込み・ご相談はこちらから ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-976-212