トップページ > ブログ > 遺品整理用語集

ブログ

遺品整理用語集

遺品整理の失敗

投稿日:2015/07/06

遺品整理の失敗

遺品整理の失敗には様々な例があります。例えば、期日までに退去しないといけないなどがあり、業者選定を失敗してしまった例などが挙げられます。さらに、小さなマンションだったので遺族だけで出来ると思ったが、冷蔵庫やタンスなどが出せないなどと個人でやろうとしたがゆえの失敗など色んな事例があります。また、業者に頼んだ場合の失敗ですが、技術もない業者に頼んでしまったせいで、家の中や、マンションなどでは通路に傷が付き、マンションの管理者から多額の原状回復費を請求された例もあります。そのため遺品整理に失敗しないためには業者選定が大切です。

さらに個別の失敗例ですが、遺品整理の段階ではいらないと判断したものが後々、実は使いたいものだったなど後悔型の失敗例も多数あるようです。また親族が亡くなり動揺してしまい生命保険の書類や、契約書など、捨ててはいけない物を処分してしまったなどの動揺型の失敗もあるそうです。そのため個人で出来れば一番良いのですが、専門家である遺品整理業者にお手伝いを頼む事も検討されてみてはどうかと思います。

アドベンチャーライフにご依頼頂くと一般社団法人遺品整理士認定協会の認定を受けたプロの遺品整理スタッフが伺いますのでこのような失敗する事はありません。見積もり無料ですのでご利用下さい。

遺品整理業者の必要性

投稿日:2015/07/06

遺品整理業者の必要性

遺品整理はなぜ必要かという事なのですが、ゆっくりご遺族だけで整理したいところだと思いますが、賃貸物件の場合は、遅くなればなるほど、家賃や賃料がかかってしまいます。また個人でタンスなどを運び出すトラックをお持ちの方やエアコンを外せる人などその職についていない限り難しいと思います。そのため遺品整理業者がまとめて、タンスの運搬から、不要な冷蔵庫などの産業廃棄物の処分を一手に引き受け、ご遺族の負担を軽減するお手伝いをしています。さらに、遺品整理の場合は大半は処分品になってしまいますので人手もかかってしまいます。

このようなご遺族の負担軽減、代理という観点からこの遺品整理業者が必要となってくるのです。遺品整理となると1日丸まるかかってしまう事もあり、その分、ご遺族も仕事を休んだりしなくてはいけません。遺品整理業者に依頼すれば、見積もり時と完了時の2回だけで後はやってくれますので負担も少ないです。また遺品をそのままにしておきますと、持ち家でも取り壊したり、誰かに貸したり、売ったりとできません。そのため遺品整理業者のニーズは高まっています。

アドベンチャーライフにご依頼頂くと、エアコンの取りはずしはもちろん、使える家具や家電は再販できる場合もあります。そのため、家具や家電などで得た利益を支払いから引く事も可能なのでコスト削減が出来ます。

なぜ、遺品整理業者がこんなに多くなったのか?

投稿日:2015/07/04

なぜ、遺品整理業者がこんなに多くなったのか?

現在の日本は、マスコミ、テレビ・新聞などでは少子化が叫ばれていますが、それと同時に超高齢化社会にも近づきつつあります。

そのため、人口に対しての高齢者の割合が増えると当然に遺品整理業者が必要になってきます。

またこのような社会のため新規参入業者が非常に開業しました。

まだ、現在は大手と呼ばれる遺品整理業者がありませんので、シャアを何パーセント持つといった会社がありませんので、中小零細企業が多数存在しているのが現状です。

 

 

さらには、参入のための資格などが全くいらない業界ですので、簡単に起業してしまう方も多数います。

そのため技術や、知識が全くないにも関わらず、遺品整理業者を名乗れますので素人業者には注意が必要です。

民間の協会ではありますが、一般社団法人、遺品整理士認定協会が現在、遺品整理業界では一番信頼できる協会になっています。

そのため、遺品整理士認定協会から認定されている事が一種の安全な業者としての証明と言われています。

監督官庁がないため、早急な法整備などが求められています。

 

アドベンチャーライフは、一般社団法人、遺品整理士認定協会から認定を受けていますので、技術も知識もある専門のスタッフがおりますので安心してご依頼下さい。

不法投棄について

投稿日:2015/07/04

不法投棄について

不法投棄については日本でも大変な社会問題になっています。

最終処分場などが行き詰まり、処分料金が大変高くなっているのが現状です。

そのため、違法に山や川などに投棄され、廃棄物から出る物質などによって、環境破壊が懸念されているのが現状です。

政府も不法投棄に対しての処罰の罰金の最高額を1億円に上げるなど、対応策を講じているものの、なお、不法投棄を行う違法な者が個人・法人問わず日本全国に蔓延っているのが現状です。不法投棄が多い地域などでは、夜間に見回りをするなどしていますが、隙間の時間を狙って投棄する者がいますので、まさにいたちごっこになっています。

遺品整理業界もこのような不法な業者が多いとは言いませんが、少なからずいるのは確かです。

遺品整理士認定協会などでは、一般廃棄物運搬などの資格を持っていない会員に対して、協会で産廃業者を紹介するなどして、不法投棄を減少させようと努力しているようですが、それでもなお、不当投棄をするような違法業者が減らないのが現状です。

行政当局、民間、市民が相互協力して1つでも不法投棄を減らすように活動を続けていかねばならないのが、現在の不法投棄の現実です。

アドベンチャーライフでは、一般産業廃棄物処理業者、産業廃棄物収集運搬業者と提携しておりますので、不法投棄などは一切行っておりませんのでご安心下さい。1つでも不法投棄を減らすのが弊社の願いでもあります。

遺品整理の未来 これからもっと身近になる遺品整理について

投稿日:2015/07/03

遺品整理の未来 これからもっと身近になる遺品整理について

日本の人口は2015年現在1億2660万人です。

そのうち75歳以上が1646万人、70歳から74歳までが778万人と全人口の約6分の1が70歳以上です。

男性の平均寿命が79歳、女性の平均寿命が87歳となっており、核家族化も進んでいます。

高齢社会白書の予想推移を見ますと、2050年には、人口が1億人を割り9708万人になります。

このうち75歳以上が2385万人と4人に1人が75歳以上の国になります。

 

そのため遺品整理業者がこれからどんどん需要が増えてくる事でしょう。

現在は、遺品整理業者と言うと珍しい感じを受けますが、そのうちなくては困る業界になります。

 

残念ながら、核家族化が進んでしまっている現在、遺品整理業者が遺族の代わりに整理するという機会が増え、遺品整理業者がもっと身近になる事は間違いありません。現状でも、電話帳やインターネットなどで調べると多数の遺品整理業者が見つかりますが、こんな比ではなく、現在の都道府県に何件かあるとかではなく、市町村に何軒かあるという状態になると予想しています。

アドベンチャーライフではそれに先駆け、広島県全域と山口県の一部にまたがり業務をさせて頂いております。これから増える需要にそなえて、遺品整理だけではなく、歩んできた人生を振り返りながら思い出を整理する生前整理もお手伝いさせて頂いております。お見積もりは無料ですのでぜひ一度ご相談ください。

遺品整理・生前整理・不用品回収のお申込み・ご相談はこちらから ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-976-212
遺品整理・生前整理・不用品回収のお申込み・ご相談はこちらから ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-976-212