ブログ

作業事例

実際に遺品整理をしてみて。。。

投稿日:2015/10/19

こんにちわ

実際に遺品整理をされたかたの声を記載しています。参考になればと思います。


 

今年母親がなくなりました。
葬儀を済ませ、知り合いへのあいさつ回りを済ませたところで遺品整理を始めようと思い、荷物をいろいろ見ていました。
どれもこれも思い出の品ばかりで捨てられず、見ていたら涙があふれてきてしまいました。
しかし、いずれは整理しなければならないもの。いつまでも取っておくことはできません。
もちろん私一人で行ったのではなく、兄弟3人でやろうと思って始めたのになかなか進めることができなかったのです。
それでも一念発起して整理に取り掛かりました。
古い家具や衣類などは市の大型ごみ回収に回しましたが、困ったのが着物や貴金属、本など。
それぞれをそれぞれの業者に持ち込んで買い取ってもらうのが一番でしょうが、はっきりいって時間と手間がかかってしまいます。
たとえば本。重たい本を持ち込んで買い取ってもらえるところは最近多くあります。けれどそれだけで半日はつぶれてしまいます。
さらに着物。これは本当に価値があるのかないのかすらわかりません。そのために半日から1日かけて買い取り業者に持ち込むのもどうかなと。

そこでいろいろとネットで探していたところ、まとめて処分や買い取りもしてくれる遺品整理業者さんを見つけました。
実際にお願いしたのは
・着物類やその小物
・本
・家具
です。
残った貴金属類は後日改めて形見分けなどに回すか、換金するかを考えようと今回は依頼しませんでした。

作業自体は1日で終えてくださり、しかも一つひとつあらためて処分用、買い取り用、保管用に分けることができたため、遺品整理にかかる時間と手間が大幅に省けました。
また、休日であってもこちらの都合い合わせてくれたのもありがたいですね。市の大型ごみ回収だと1週間~10日先になることもざらですから、その間に決心が揺らいでしまうかもしれませんし。
遺品整理業者さんに依頼してよかったのは、着物類やその小物が思いもかけない価格で買い取ってくれたこと。近年着物類は換金しづらいと聞いていたのでかなりびっくりしました。
遺品整理業者さんにお願いしたのはこのぐらいですが、なにより踏ん切りをつけることができたのが一番ですね。
思い入れが強すぎて整理するには躊躇していたもの・でも処分しなければならないものを断捨離するきっかけを与えてくださったように思います。
遺品を整理することで気持ちの整理ができ、悲しんでいられない、前向きになろうという気持ちがわいてきたのも事実です。

 


 

 

実際に遺品整理をしようとすると手がすすまないと思います。

ですが、遺品整理業者に頼むことによって踏ん切りができるようにサポートするのが遺品整理業者の大切な仕事だと思っています。

 

実際に遺品整理をしてみて。。。

投稿日:2015/10/18

実際に遺品整理をしたお客様からの感想です


 

 

両親の死後遺品整理を業者様にお願いしました。
母が亡くなって約12年、そのあと、長いこと一人で暮らしていた(実際は近くの介護ヘルパーさんに毎日朝夕介護に来ていただいてましたが)父が亡くなって約5年、仕事で忙しくかつ生家では住んでいなかった私にとって、生まれた家の遺品整理をするのは悩み以外の何物でもありませんでした。
生家から40キロ離れた町に住んでいた私は両親が生きていた頃は週末にコンタクトを取るのにそれほど困難はありませんでしたが、さすがに死後、遺品整理をするとさて、何から手を付けていいものやら、あまりにも量が膨大なので放心したものでした。
一度は自分でやってみようと心がけましたが、なにせ築100年ほどの古民家に家族5名が長年住んでいて私で8代目だったこともあり、特に2階などは古いご先祖様が住んでいたころの家具など残っていて、ほこりをかぶったまま放置状態。そのうえ、メインで家族が住んでいた1階も母が嫁入りした昭和20年代から持ってきたタンスの中身も入れ替えておらずそのまま、中身を出してみたらたくさんの着物が出てきたけどネズミの糞が奥に堆積していて気持ち悪くて途中で中断。さらに父が読書好きだったのでたくさんの蔵書が残されていましたけど、それも最初は少しずつひもで縛ってまとめてみましたけど、これも重すぎて短時間で断念、ため息の連続でした。
しかしいつまでも放置するわけにはいかず、最後は電話帳で遺品業者様を見つけて整理をお願いしたわけです。
見積もりしたもらった結果、40万円ほど掛かるというお話でした。何しろ中身が半端なく多かったもので単なる遺品整理を超えるレベルでした。しかし、一方では解体関係の仕事も兼務されていたようなのでそちらで対応できるらしく、こちらが思っていたほどは費用は掛かりませんでした。やはり大きなものは一挙に所のできるからだそうです。最初に見積もりを取って納得できたのでそのまま遺品整理をお願いしました。
自宅そのものを壊す話でなかったし、田舎の広い敷地で車の進入路も十分確保されていたので、作業的にはスムーズに進みました。
スタッフの方の対応もていねいで、私も休みを取って平日に行いましたので指示も出せることができました。あまり個々の遺品を残すことはこだわりがありませんでしたので(写真関係はすでに自分で整理していました)どんどん処分してもらいました。買い取りの話は向こうからもありませんでしたし、こちらも敢て質問しませんでした。別途費用の掛かる粗大ごみがありましたが、それは単品でそれぞれ数千円単位の話だったので、大した費用でなくそれは払いました。作業の途中で思いがけないものが出てきました。おふくろさんが生きていたころにたぶん購入していたものであろう貴金属類でした。金加工が施された貴金属類がメインで値段もついていました。当時はまだ金価格がかなり高かった時代で、素人なので評価は不明でしたが、近くの知り合いでこの手の商売に関わっていたのがいたので鑑定を頼むと、なんと25万円で引き取るとの話でした。別にこれで儲けるつもりもなかったので、そのまま買い取ってもらいました。
結果として金製品の買取と遺品整理の費用の差でわずか、出費は15万円で済みました。もしあれがなかったら、まるまる自分の出費だったのであらためて両親に感謝した次第です。無事に遺品整理をしてもらって中が空っぽになったなった生家を眺めていて、あれをもし一人でやってたらと思うとぞっとしたものです。やはり業者様にお願いしたことは良かったと今思っています。

 


実際に遺品整理をしていると、必ずといっていいほど、貴重品や買取ができる物がでてきます。遺品整理とリサイクルが一緒にできる業者ですと、スムーズにいきますね

広島市中区住吉町にて ワンルームの片付け

投稿日:2015/10/01

  広島市中区住吉町にて

マンションのオーナー様からのご依頼で

ワンルームの片付けのご依頼がありました。

 

sumiyoshi1_03

 

 

sumiyoshi2_06

 

sumiyoshi3_10

 

量が少なかったのでスタッフ1名 で作業ができました。

 

実際に遺品整理をしてみて。。。 

投稿日:2015/09/24

実際に遺品整理をされた方の感想です

 


 

私が大学生の時に近くに住む叔母が亡くなりました。葬儀などは地元に住む叔母の兄弟が手伝ってくれましたが、叔母の親族で近くに住んでいるのが私だけたったので家の後処理は私がすることになりました。叔母は一人暮らしだったのですが一軒家を所有しており、叔母の死後は若い学生や社会人向けに貸し出そうということになり、家の修繕、整理をすることになりました。

 

叔母にはもともとお世話になっていたのもあり、家の整理をするのは苦痛ではなかったのですが、私も大学生ということでそこまで時間もなく、また車を所有していなかったのもあり、作業はなかなか進みませんでした。そんな時に友人から遺品整理業者の話を聞き頼んでみることにしました。

 

遺品整理業者に依頼するのにあたってまずはWebで情報を集めました。いくら遺品といっても叔母が大切にしていたものあったので、きちんと扱ってくれる業者を見つけたかったからです。Web上で評判の良さそうな業者を見つけたのでまずは電話してみました。電話では部屋の間取りなどを聞かれ、また下見にきて見積もりを出すことは無料でできるとのことだったのでまずは見積もりをお願いしてみました。下見にきた業者さんは非常に丁寧に対応してくれ、いろいろと説明をしてくれました。

  • 今後貸し出すので使えそうな大型の家具は残すこと
  • 故人の私物は私が判断して振り分けること

といった説明をしたところだいたいの見積もりが13万円ということと、私の叔母の家の場合は1日で終わらすことができるとのことだったので、数日考えた結果依頼しました。

 

当日は私の立会いのもとに遺品整理を行いました。業者さんがくるまでに私自身で業者さんにお願いするものと、そのままにしておくものを分けておきましたので基本的に作業は業者さんにお任せしていました。途中途中で私に確認をとってくれたことと、全ての遺品を丁重に扱っていただけ大変ありがたかったです。私が1ヶ月かけて半分も終わっていなかった遺品整理が1日もかからずに終わることができました。

 

私自身遺品整理業者に依頼したのは初めてでしたが、都市部で生活をしていると非常にありがたい業者だと思います。私が友人などに遺品整理を勧めるときは

  • まずはWebで評判の良い業者をさがすこと
  • または依頼をしたことのあるひとからの口コミで判断すること
  • 見積もりは無料でできるのでまずはお願いしてみること

を伝えています。また全ての作業を業者さんに任せるのではなくおおまかでいいので自分で遺品を仕分けしておくのも作業を早める上で必要だと伝えています。遺品整理の依頼を考えている人は参考にしてください。

 


 

 

実際には、なにから手をつけていいのかわからなくなる場合がございますが

親族で遺品を仕分けをしておくだけでも、スムーズに作業がすすと思います。

 

ぜひ、参考にしてみてください

実際に遺品整理をしてみて。。。

投稿日:2015/09/20

実際に遺品整理をされた方からの感想です


 

 

先月、叔母が亡くなりました。病死です。
こんなことを言うのは罰当たりですが、没してからの数週間、叔母の亡くなった悲しみ以上に、様々な手続きに忙殺されました。
叔母は配偶者、娘息子もおらず、さらに自身の兄弟と不仲であったのでお墓や檀家さんの手配だけでも大変な苦労をしました。

さて、叔母の遺産についても遺言書がなかったため一悶着ありました。(なにか一言でも書き残してくれると、遺族の気苦労が減ります…)
結果的に、叔母の兄弟で当分することになり、もめ事の渦中に居なくて済んだのは嬉しいのですが、なにぶん銀行口座やら何やら手続きが面倒で。
私のお金が減るわけじゃないし!と思い切って遺品整理を業者さんにお願いしました。

歳をとると荷物が増えるものですよね。
2LDKの都会のマンションに一人暮らしだった叔母の荷物も、やはり相当な量でした。
細々とした食材や調味料で埋まった台所、和洋中なんでもござれと揃った食器、古い雑誌のレシピの切り抜き、趣味だった登山の道具、かびのにおいがツンとする本棚、和箪笥いっぱいの着物、所々に転がる健康グッズ。

生前に聞いていた、通帳や印鑑、少ない宝石などは自分で回収しましたが、あとは全て業者さんにお任せすることにしました。
・時間(ごみの回収日に合わせて整理をすすめるのは一苦労です)
・疲労(写真なんか見つけると心が痛みますし、遺品整理の疲れは引っ越しの比ではありません)
上記2項目の節約というか、委託をしたつもりでいます。

ネットで調べた遺品整理の業者さんは、慣れた調子でハイハイと業務を請け負ってくれました。
その際、貴重品などはまだ有るか、見つけたらとっておいてほしいものはあるか、等聞かれましたが、すべて捨ててもらうよう頼みました。
打ち合わせはあっけないくらい簡単なもので、ものの数日で部屋は片付き、それも遺産として手放してしまいました。

 今でも、デパートで着物の物産展などやっていると「叔母の自慢だった着物もこうやって質流れしたのだろうか」という寂しい気持ちになります。
もしかしたら、親戚に形見として分けてあげたかったものもあるのかな。
だとしても、死んでしまった本人ほどその物を大切にできるひとなんてそうそういません。結局全て、ゴミとして処理してもらったわけですから…。
物を買うということについても考えさせられる出来事でした。


 

 

遺品整理業者は、荷物を片付けるだけではなく、依頼者の気持ちを踏ん切りをつけさせてあげるのが仕事だと思います。

 

遺品整理・生前整理・不用品回収のお申込み・ご相談はこちらから ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-976-212
遺品整理・生前整理・不用品回収のお申込み・ご相談はこちらから ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-976-212